Written by Marryju Shop

おうち時間の趣味/手芸初心者でも簡単な薔薇刺繍エコバックの作り方

手芸・刺繍

こんにちは。
ハンドメイド作家のまりーじゅ(marryju shop)です。

主婦
主婦
おうち時間の趣味で刺繍を始めてみたいけど、初心者でも作りやすいエコバックはありますか?
はい!今回はこの疑問にお答えしていきますね!!
まりーじゅ
まりーじゅ

シンプルな帆布に刺繍をしたトートバッグをハンドメイドしたいけれど、作り方がわからないというあなたのために、帆布のトートバッグの作り方とトートバッグへ刺繍をするやり方について解説していきます。

この記事を読むことで、

  1. 花刺繍トートバッグの魅力を理解することができます
  2. バラのリース刺繍の刺し方がわかり、刺繍することができます
  3. ハンドメイドトートバッグの作り方を覚えて、オリジナルのエコバックを自分で作ることができます

この記事の内容

この記事を書いている私は、ハンドメイドを4年していて、BASE(ベイス)でネットショップの運営やminne(ミンネ)やcreema(クリーマ)などフリマアプリで販売をしています。

また、母が洋裁講師で、子供の頃からハンドメイドに慣れ親しみ、指導を受けながら制作をしています。
ハンドメイドが大好きなので、これから始める方のお力になれると思います。

それでは、早速「ハンドメイド刺繍トートバッグの作り方」について詳しく解説していきますので、是非参考にしてみて下さい。

まだminneに登録をしていない方は、30秒でminneに登録ができるのでしておきましょう。


»minneのアカウント開設はこちら

おうち時間の趣味でおしゃれなトートバッグを手芸・刺繍したい方必見/トートバッグのアレンジ方法

普段の生活でよく使うトートバッグですが、トートバッグにも色々な大きさやデザインのものがあります。

近所へのお出かけやお買い物など、荷物が少ない時に丁度いい小さめサイズのものや、小さいお子さんのいるお母さんがマザーズバッグとして使う大きいサイズのものなど、用途や目的によって様々です。

自分好みのデザインや、使いたいサイズに合わせてトートバッグをハンドメイドすると、世界に一つだけのオリジナルなバッグで毎日を過ごすことが出来ます。

今回こちらでは、普段のおでかけにぴったりな、小ぶりだけど500mlのペットボトルやノートも入るサイズのトートバッグを作っていきます。

サイズや素材を変えることで、あなた好みのトートバッグのアレンジをすることが出来ます。

ハンドメイド作家の私がハマった薔薇リースと花刺繍の魅力

刺繍モチーフとしてもそうですが、よく見かけるリースアレンジには素敵な意味があることを知っていますか?
バラのリースと花刺繍の魅力
リースは丸いかたちをしているため終わりがなく、「永遠」「幸せ」という意味があります。

また、ヨーロッパや北欧では、古くから「幸せを運んでくる」という言い伝えがあり、玄関やドアに飾る風習があります。

また、色や本数によって異なりますが、バラの花言葉も「愛情」「美」「上品」等、素敵な意味をもつことが多いです。

このような、素敵な花言葉を持つバラと、幸せのモチーフであるリースを組み合わせた刺繍をすることで、毎日持ち歩きたくなる素敵なオリジナルトートバッグが完成します。

手芸・刺繍の初心者が刺繍グッズを手作りする時の基本的なルール

ハンカチや巾着、トートバッグなど、様々な刺繍グッズがありますが、どの作品をハンドメイドする時も、ミシンで縫ったり貼り合わせたりする前に、生地に刺繍をします。

刺繍をする前に生地を縫い合わせてしまうと、刺繍の裏側が見えるようになってしまったり、十分なスペースが確保できず綺麗に刺繍することが出来なくなったりしてしまうからです。

自分が作りたい刺繍グッズを決めたら、まずは生地に刺繍をして、それから刺繍グッズを仕立てていくようにしましょう。

少ない材料ですぐできる/おうち手芸を始めるための簡単キットを紹介

それでは、刺繍トートバッグをハンドメイドする時に必要な材料について説明します。

・刺繍糸
刺繍糸
フランス刺繍糸を使います。
100均(セリア、キャンドゥ、ダイソー)でも購入することができます。

・生地(表地用と裏地用)
トートバッグの生地を表地用と裏地用2種類準備します。
今回は薄手の帆布と、花柄のシーチングを使用します。

刺繍をするため、あまり厚すぎる表地だと上手く刺繍することができないので注意して下さい。

・ミシン糸
刺繍糸とは別に、トートバッグとして仕立てる時に生地を縫い合わせる用の糸を準備します。

表地と同じような色のミシン糸だと、目立たないのでおすすめです。

帆布のトートバッグ作りに使う/おすめの刺繍道具セット

次に、刺繍トートバッグを作る時に必要な道具について説明します。

刺繍をするための道具は、手芸店はもちろん、最近では一式を100均で揃えることができます。

一度揃えてしまえばその後もずっと使えますので、これを機に揃えてみるのはいかがでしょうか?
刺繍針、刺繍枠、糸切りバサミ
・刺繍枠
木製でもプラスティック製でもどちらでも構いません。
直径8cm〜12cmくらいのものが使いやすいためおすすめです。

・刺繍針
普通の縫い糸と異なり、針穴が大きくなっています。
また、必ず「フランス刺繍用」を準備して下さい。

「クロスステッチ用」は、一見同じに見えますが、針先が丸くなっているため使えませんので注意しましょう。

・糸切りバサミ、裁ちバサミ(布用ハサミ)
普段使っているもの、ご自宅にあるソーイングセットに入っているもので良いです。

この二つは、必ず別で準備しましょう。
特に裁ちバサミは、一度布以外の素材を切ってしまうと切れ味が悪くなるため、注意が必要です。

・チャコペーパー、チャコペン
刺繍するモチーフを生地に写しとるのに使います。水で消えるタイプのものがおすすめです。
簡単でおしゃれな刺繍エコバッグ作りの道具
・綿棒、霧吹き
図案を写しとった線を消すのに使います。

・アイロン
刺繍作品を仕上げたり、生地に折り目をつける時に使います。

・ミシン
今回は薄手の帆布を使いますので、手縫いよりもしっかりと簡単に縫えるミシンがおすすめです。

刺繍初心者も簡単/刺繍トートバッグを作るための下準備、バラ刺繍・図案の書き方

それでは早速、刺繍トートバッグの作り方を説明していきます。

前述した通り、刺繍グッズを作る時の基本ルールとして、最初に刺繍から始めていきます。

必要な大きさで生地を切る

本体用の生地を35cm×65cm、持ち手用の生地を10cm×40cm(2枚)で切ります。

本体用の生地は、表地用・裏地用それぞれ準備します。

刺繍の図案のお手本を見つける

トートバッグに刺繍をしたいモチーフを見つけます。
今回こちらでは、「バラのリース刺繍」をしていきますので、図案を描いてみました。
刺繍トートバッグを作るための下準備、バラ刺繍の図案の書き方

バラ刺繍の図案の書き方

バラ刺繍の図案の書き方のコツをご紹介します。
刺繍トートバッグを作るための下準備、バラ刺繍の図案の書き方
今回、バラの部分は「ローズバリオンステッチ」という方法で刺繍をしていきます。

この刺繍のやり方は、中心から円の外側にかけて5本の線を縫ったら、その後はその線に糸を引っ掛けていく、という少し特殊な方法です。

ですので、図案自体は写真のように円だけでも大丈夫です。

きれいな円を書いて、中心から外側にかけて、均等に5本の線をひきましょう。

花刺繍で人気のローズバリオンステッチを使って薔薇のリースを刺繍しよう

それでは、「ローズバリオンステッチ」と「アウトラインステッチ」で、バラのリース刺繍をしていきます。
詳しくは動画で解説していますので、一緒にやっていきましょう。

モチーフを刺し終えたら、霧吹きや濡れた綿棒を使用して、下書きの線を消していきます。

きれいにチャコペンやチャコペーパーの線が消えたら、シワが気になる部分をアイロンがけして仕上げましょう。

アイロンをかける時は、当て布を刺繍した部分に置き、刺繍が潰れてしまうのを避けましょう。

おうち時間で手芸・刺繍に挑戦/帆布の生地を使った薔薇刺繍トートバッグの縫い方・作り方

生地に刺繍ができたら、いよいよトートバッグに仕立てていきます。

ほとんど直線縫いだけで出来ますので、ハンドメイド初心者の方やミシンが苦手な方にもおすすめです。

必要なサイズに布を切り、マチの処理をする

まず中表にして縦半分に折りたたみます。
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方
「わ」になっている方の左右の角を、縦5cm×横6cmで印をつけてカットします。

持ち手を縫い合わせる

縦半分に持ち手を折り、アイロンで線をつけます。

アイロンで付けた線に向かって両端を折りたたみ、ミシンで縫い合わせます。
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方

本体を縫い合わせる

生地を中表にして、縫いしろ1cm程度で両サイドを縫っていきます。
縫い合わせたら、アイロンで縫いしろを割ります。

マチを縫い合わせる

アイロンで割ったぬいしろの中心と、底の中心を合わせてマチ部分を縫い合わせます。
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方

裏地も同様に、本体とマチを縫い合わせる

裏地も、表地と同じ手順で縫い合わせていきます。
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方
裏地を縫い合わせる時の注意点は、必ず返し口を8〜10cmほど空けて縫うようにして下さい。

本体に持ち手を縫い合わせる

表地用の生地を、外表に裏返します。
持ち手を付けたい部分(両サイドから10cmくらいがおすすめです)に、ミシンで持ち手をつけていきます。

持ち手は、本体から1cmくらいはみ出した状態で縫い合わせます。
この時、持ち手がねじれていないか気をつけましょう。
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方

裏地と表地を縫い合わせる

裏地用の生地の中に、中表にした表地用の生地を入れます。

この時、サイドの縫いしろを合わせると仕上がりがきれいです。
サイドを揃えたら、上端を合わせて縫い合わせます。
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方

おさえミシンで仕上げる

縫い合わせたら、返し口から裏返します。
裏返した後の返し口は、手縫いかミシンで縫い合わせて下さい。

裏地を表地の中に閉まったら、端から1cmくらいの所をミシンで縫い合わせます。
この時、表地が少し内側に入るくらいが丁度良いです。
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方
最後に、今縫った線より端におさえミシンをして、完成です。
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方
ハンドメイド帆布のトートバッグの作り方
こちらを気に入っていただいた方は、当ショップから購入することもできますので、よろしければご覧ください。
>>minneのサイトはこちらから

お気に入りのバッグでおでかけしよう/刺繍トートバッグの作り方まとめ

これまでの内容を以下にまとめました。

いかがでしたでしょうか。

ハンドメイドで帆布を使ったトートバッグの作り方や、トートバッグの刺繍の仕方、バラ刺繍の図案の書き方などを紹介してきました。

バラ刺繍を使った小物や、色々な柄のトートバッグをハンドメイドして、ぜひ世界でひとつだけのオリジナルグッズでおでかけを楽しんでみて下さい。

まだminneに登録をしていない方は、30秒でminneに登録ができるのでしておきましょう。


»minneのアカウント開設はこちら


この続きはcodocで購読