Written by Marryju Shop

おうち時間を楽しむ/マーガレット刺繍コンパクトミラーの作り方

手芸・刺繍

こんにちは。
ハンドメイド作家のまりーじゅ(marryju shop)です。

主婦
主婦
おうち時間を有効活用して、刺繍コンパクトミラーを作ってみたいけど、手芸・刺繍が初心者でも作れますか?
はい!今回はこの疑問にお答えしていきますね!!
まりーじゅ
まりーじゅ

今回は、ハンドメイド初心者の方でもおうち時間で簡単に作れる、刺繍コンパクトミラーの作り方をご紹介します。

布の色や柄、刺繍する図案を変えることで、簡単にアレンジもできますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

この記事を読むことで、

  1. オリジナルのコンパクトミラー作りの魅力を理解することができます
  2. コンパクトミラー土台の選び方や必要な材料や道具を揃えることができます
  3. マーガレット刺繍のやり方がわかり、実際に自分で作ることができます

この記事の内容

この記事を書いている私は、ハンドメイドを4年していて、BASE(ベイス)でネットショップの運営やminne(ミンネ)やcreema(クリーマ)などフリマアプリで販売をしています。

また、母が洋裁講師で、子供の頃からハンドメイドに慣れ親しみ、指導を受けながら制作をしています。
ハンドメイドが大好きなので、これから始める方のお力になれると思います。

それでは、早速「ハンドメイド刺繍ポーチの作り方」について詳しく解説していきますので、是非参考にしてみて下さい。

まだminneに登録をしていない方は、30秒でminneに登録ができるのでしておきましょう。


»minneのアカウント開設はこちら

かわいい手作りグッズを持ち歩こう!刺繍コンパクトミラーの魅力は?

最近では、さまざまな種類のハンドメイドやDIY、リメイク等が流行っています。

コンパクトミラーも、手軽にリメイクできるアイテムとして人気です。

コンパクトミラーのアレンジは、UVレジンやポーラセーツ等がよくありますが、今回こちらでご紹介するのは「刺繍コンパクトミラー」です。

レジン用のコンパクトミラーとは、土台が違うので、そこだけ注意すればとても簡単にコンパクトミラーを刺繍でアレンジすることができます。

花言葉も素敵なマーガレット刺繍や花束刺繍の魅力

刺繍といえば、お花の刺繍を浮かべる方も多いと思います。

ふんわりとした質感がかわいい手刺繍は、お花の優しい風合いを出すのにぴったりです。

コンパクトミラーを刺繍でアレンジする時は、刺繍する範囲が狭いため、お花を刺繍することでより華やかに仕上げることができるというメリットもあります。

これから刺繍する「マーガレット」は、白と黄色、グリーンで刺繍をするため、色合いもとても爽やかで初夏にぴったりです。

また、花言葉も「信頼」「真実の愛」と素敵なフレーズが多く、女性が毎日使うものなので、贈り物でも喜ばれるでしょう。

デコレーションの方法で変わる/刺繍初心者におすすめの「コンパクトミラー土台」の選び方

先ほどもお伝えした通り、刺繍・手芸でアレンジするコンパクトミラーと、UVレジンやポーラセーツ等でアレンジするコンパクトミラーでは、使用する土台が異なります。

刺繍・手芸用のコンパクトミラーは、表部分に布を縫い付ける必要があるため、「アルミプレート付き」のものを選びます。

一方、レジン用のコンパクトミラーは、表部分が取り外しできなくなっているので、間違えて購入しないように注意しましょう。

おうち時間を楽しむ手芸・刺繍教室/オリジナルコンパクトミラー作りに必要な材料や用意するものは?

それでは、刺繍コンパクトミラー作りに必要な材料を説明していきます。

・アルミプレート付きコンパクトミラー
右側にあるのが、アルミプレートです。
ここに布を縫い付けて、左側のコンパクトミラー(土台)に貼り付けます。
おうち時間で出来るコンパクトミラー作りに必要な材料
・アルミプレートより一回り大きい布
はぎれでも大丈夫です。
最低でも、アルミプレートより1cm大きいサイズを準備しましょう。

・お好みでリボン
今回はリボンを付けるので準備しました。
100均(ダイソー、セリア、キャンドゥ)や手芸店(ユザワヤ等)で購入できます。

・フェルト(キルト芯)
コンパクトミラーに膨らみを持たせたい時に使います。

・刺繍糸
今回はマーガレット刺繍なので、白・黄・緑を使います。
100均では、写真のように何色かセットになって販売されていますので、刺繍初心者の方におすすめです。

おうち時間を楽しむ手芸・刺繍教室/コンパクトミラーを手作りする時に使うおすすめの道具を紹介

材料が揃ったら、次は道具を揃えていきましょう。

刺繍グッズは、一度道具を揃えてしまえばその後も長く使えます。
お値段も高くないので、興味のある方はぜひこの機会に揃えてみて下さい。

・刺繍枠、刺繍針、糸切りハサミ
刺繍枠は直径8cm〜12cmくらいのものが、汎用性が高くおすすめです。
おうち時間揃えたい、コンパクトミラーを手作りする時や刺繍に使う道具
刺繍針は、「フランス刺繍針」を準備して下さい。「クロスステッチ用」とは、針の形状が異なるため注意が必要です。

・チャコペーパー、チャコペン
チャコペーパー、チャコペン
図案を書き写すのに使います。
水で消えるタイプが使いやすいのでおすすめです。

・布用ボンド、強力接着剤
おうち時間揃えたい、コンパクトミラーを手作りする時や刺繍に使う道具
布用ボンドは、リボンを付けるために使います。
刺繍のみで完成させる方は、強力接着剤があれば大丈夫です。

・濡らした綿棒もしくは霧吹き
図案を消すために使います。

いつものミラーをおしゃれにアレンジ/マーガレット刺繍や花束刺繍のやり方を紹介

まず、コンパクトミラーをアレンジするための「マーガレット刺繍」のやり方を説明していきます。

かわいく花束刺繍をするための図案

土台となるアルミプレートの大きさを、予め生地に印をつけておきます。

この印の中に、マーガレットの図案を描きます。
いつものミラーをおしゃれに、マーガレット刺繍/花束刺繍のやり方
写真のように、マーガレット刺繍の図案を描くコツは、花びら一枚ずつは描かずに円を描いていくことです。

もし直接描く自信がない場合は、チャコペーパーを使って図案をトレースする方法もあります。

茎や文字に使える縫い方〜アウトラインステッチ〜

花の茎や文字など、真っ直ぐの線を刺繍するときに使うのが、「アウトラインステッチ」という縫い方・刺し方です。

この方法は、色んなモチーフの刺繍で使いますので、ぜひ覚えておくと便利です。

<アウトラインステッチの動画>
①刺したい線の裏側から針を入れ、線の真上に糸を出しておきます。
②1目分進んだ位置に針を入れ、半分戻って針を出します。その後は、針を入れては半分戻る…を繰り返して刺し進みます。

アウトラインステッチが終わると、こんな感じです。
いつものミラーをおしゃれに、マーガレット刺繍/花束刺繍のやり方

花びらの縫い方〜レゼーデイジーステッチ〜

マーガレットの花びらは、「レゼーデイジーステッチ」で刺繍していきます。

<レゼーデイジーステッチの動画>
①糸の端に結び玉を作り、布の裏側から針を入れます。
②糸が出ているのと同じ穴に針を入れます。続けて3に針を出し、針に糸をかけます。
③針を抜き、ゆっくり糸を引きしめてループの大きさを決めます。
④ループの際に針を入れて止めます。

この縫い方・刺し方は、マーガレット刺繍以外でも、花びらや葉っぱを刺すときに使えるので便利です。

レゼーデイジーステッチが終わると、このようになります。
いつものミラーをおしゃれに、マーガレット刺繍/花束刺繍のやり方

図案を塗りつぶすように使えるサテンステッチ

最後に、花の中心部分はサテンステッチで刺していきます。
塗り絵のように、端から針を出して反対側に針を刺す、簡単な方法です。

サテンステッチが終わると、マーガレット刺繍の完成です。
いつものミラーをおしゃれに、マーガレット刺繍/花束刺繍のやり方

図案の下書きを消して刺繍の完成

図案が全て刺し終わったら、霧吹きで水をかけたり、濡れた綿棒でこすったりして下書きの線を消します。

下書きの線を消すために濡らした生地が乾いたら、刺繍は完成です。

ハンドメイドでまんまるコンパクトミラーにするためのコツ

マーガレット刺繍が完成したら、いよいよコンパクトミラーに仕立てていきます。

ミラーのサイズに合わせて布を切る

まず、刺繍を施した生地は、ミラーに付いているアルミプレートから1cmほど大きめにカットします。

フェルトは、仕上げたい高さになるようにお好みで切っていきます。
薄く仕上げたい時は1枚で良いですし、高さを出したい場合は、最初に切ったフェルトよりも小さめにカットしたものを何枚か準備します。

フェルトを使ってふっくら仕上げる

ハンドメイドでまんまるコンパクトミラーにするためのコツ
刺繍をした生地の、端から5mmの部分をなみ縫いします。

外からは見えないので、何色を使っても大丈夫です。

また、後で糸を引っ張って調整するため、玉留めはせずに出しっぱなしにしておきます。

★この時、なるべく細かくなみ縫いすると、綺麗に仕上がります。
ハンドメイドでまんまるコンパクトミラーにするためのコツ

一番下に刺繍をした生地を、表が下になるように置き、その上からフェルトを重ねていきます。
形を綺麗に出すために、小さいフェルトが一番上に来るように並べます。
ハンドメイドでまんまるコンパクトミラーにするためのコツ

最後にアルミプレートを置き、プレートを包むように被せます。
そして、両端の糸を引き丸く仕上げます。
ハンドメイドでまんまるコンパクトミラーにするためのコツ

ピンと布が張るように引き締めたら、何度か糸を渡して固定します。

アルミプレートを固定し、リボンを付ける

最後に、コンパクトミラー本体にアルミプレートを付けていきます。
土台からはみ出さないように接着剤を満遍なく塗ります。

プレートを土台に置き、ずれないようにマスキングテープで固定したまま、完全に接着するまで放置します。

最後に、プレートが接着できたら、リボンを付けてアレンジしていきます。
リボンを付けたい場所に、布用ボンドを塗ります。
ハンドメイドでまんまるコンパクトミラーにするためのコツ
この時、ボンドを塗りすぎてしまうと、完成後も目立ってしまうので注意して下さい。

リボンをつけて、完成です。
ハンドメイドでまんまるコンパクトミラーにするためのコツ

こちらで作った、花束刺繍のコンパクトミラーは購入することもできますので、気に入って下さったらぜひご覧下さい。
ハンドメイドでまんまるコンパクトミラーにするためのコツ
marryjushopはこちらから>>

バッグの中までおしゃれになる!刺繍コンパクトミラーの作り方まとめ

最後に、この記事の内容をまとめました。

普段から、ミニサイズのミラーを持ち歩いている方も多いと思います。

日頃、よく使うミラーが自分好みにハンドメイドしたオリジナルなものだと、気分も上がりますね。

色や柄などを変えるだけで、雰囲気も変えて簡単にアレンジすることが出来ます。
ぜひ、おうち時間でプレゼント用に作ってみても良いのではないでしょうか。

まだminneに登録をしていない方は、30秒でminneに登録ができるのでしておきましょう。


»minneのアカウント開設はこちら


この続きはcodocで購読